見落としがちなミスは・・・

命名において、
大変なミスをしちゃった!

ということにならないように、
良運ママが見落としがちなミスを調べました。


*イニシャルは大丈夫?

イニシャルにしたとき、
WCや、NGなど、からかわれたり、
変な意味だったり、
そんなイニシャルになっていませんか?


*人名漢字ですか?

名前に使える文字は、
「人名漢字」として法律で定められています。
漢和辞典などに掲載されています。


*苗字とのバランスは?

姓と名を続けて紙に書いて、
見た目のバランスを確認しましょう。

へんやつくりなど同じ部分の重なりはないですか?

例えば、

「横山 椛(よこやま もみじ)」

かわいくて素敵な名前ですが、
木へんが2つだと・・・。


「渡邊 遊汰(わたなべ ゆうた)」

ちょっと大袈裟すぎましたか?!(笑)

でも、口に出して読むと普通ですが、
漢字にすると「あれ?」ですよね。


*聞き取りやすい名前ですか?

姓と名を続けて声に出して読み、
聞き取りやすいかを確認してみましょう。

相手が何度も聞き返すようなら
再検討したほうがいいかも・・・。



*読みやすい名前ですか?

漢字の読み方には法律上の規制はありませんが、
当て字だったりすると読みづらく、
将来赤ちゃんは苦労するかもしれません。

名前の候補が決まったら、
じぃじ、ばぁば、友人などに
読めるかどうか聞いてみるのも良いかもしれません。


*書きやすい名前ですか?

姓と名を続けて書き、
漢字の数や画数の多さなどをチェックしましょう。

画数が多すぎる場合は、
読み方は同じでも、少ない画数があるか
調べてみましょう。



*発音しやすい名前ですか?

漢字やひらがなで書くと
バランスが取れている名前でも、
実際声に出して読むと
呼びづらいケースも。


*熟語としての読み方を確認してみましょう。

例えば、和尚(かずなお)は
「おしょう」など
熟語としての読み方も確認しましょう。

学校の同級生で「和尚くん」という子も
いましたけどね・・・。
良い漢字ですものね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3347164

この記事へのトラックバック

子供が生まれました。姪の誕生
Excerpt: 名付で失敗しない為の良運・命名集の織田です。 最近、親戚に家に子供が生まれました。 赤ちゃんは本当に可愛いです。
Weblog: 名付で失敗しない為の良運・命名集
Tracked: 2007-03-07 22:04